カウンセリングの流れ

カウンセリング(初回面談)の流れ

1 予約

お申し込みフォームに、ご希望日時を第三希望までご記入いただきます。

その後48時間以内にこちらから日程・お時間や場所の詳細などについてご連絡いたします。

2 カウンセリング当日

お約束の時間に カウンセリングルーム あめのちはれ にてお待ちしております。

①はじめに

お茶を一緒に飲みながら、健康状態についてお答えいただり、私の自己紹介をさせていただいたりしながら、安心してお話頂けるような状態を作っていきます。

②お約束の確認

お話を伺う前に、守秘義務についての説明と、カウンセリング時間の確認をさせていただきます。

※守秘義務について

カウンセラーには守秘義務があります。

あなたがここでお話いただくことは、外に漏れることは一切ありません。ご紹介者や、お互いに共通の知人がいた場合も同様です。

あなた自身に外でお目にかかる機会があった場合でも、私の方からカウンセリングについてお話することは一切ありませんので、安心してお話ください。

③カウンセリング

あなたのお話をジャッジせず、評価せず、私の価値観はそっくり後ろに置いてお話をお聴きします。

あなたが本当の本当はどう思っているのか、あなたの想いに寄り添って、じっくりとお聴きしていきます。

私があなたのお心に添ってお話を聴けているか、要所要所でお話をまとめて確認させていただきます。

こちら側の価値観やジャッジを一切押し付けることなく、あなたの価値観の中でお話をお聴きしていくことで、安心してご自分の心の声に耳を傾けていただくことができます。

私からのアドバイスではなく、あなたの中にある答えを一緒に探していくお時間となります。

そのような時間を重ねていくことで、悩み事が整理され、ご自分の想いに気づき、今本当に自分に必要な答えは何なのかを自分で決めることができるようになっていきます。

 

※カウンセリングについて

アメリカの心理学者カール・ロジャーズが提唱した「積極的傾聴」を主軸としたカウンセリングです。

非指示的カウンセリング(来談者中心療法)の祖、カール・ロジャースが提唱した傾聴技法は、日本でも広く知られています。

ただ残念ながら、うなずいたり、繰り返したり、そんな技法の表面だけを傾聴と捉える人が多いのも現状です。

私の師事する傾聴カウンセラー辰由加氏が現代に伝える、ロジャーズの傾聴とは

「相手の中にある答えを信じて、あなたのお心に寄り添ってお話をお聴きする」カウンセリングです。

「技法」ではなく、相手のため存在するという「在り方」を大切にした、あなたが本当のあなたらしく生きて行くためのカウンセリングです

④振り返り

お時間の最後に、カウンセリングの振り返りをします。

私からは、似顔絵をプレゼントさせていただきます。

(45分コースでは口頭のみの振り返りとなります。)

 

 

3 次回のお約束

お代をいただき、次回の日程を調整して、初回面談は終了となります。
※お支払いは現金のみになります。領収書が必要な方はお申し出ください。

その後もご希望があれば、定期的に面談回数を重ねていくことで、ご自身の変化について一緒に共有させていただきます。

あなたがあなたらしく生きて行く過程を伴走をさせていただきます

面談の回数や頻度はご自身で決めていただきます。あなたが「もう大丈夫」と思えるようになれば、面談は終了です。

こちらから回数や頻度を強制するようなことは一切ありませんのでご安心ください。

カウンセリングを卒業された後も、ご自身に必要なタイミングでお心のメンテナンス場所としてお使いいただけます。

その時に必要なあなたの答えを、お心にそって一緒に探して参ります。

4 次回の面談まで

カウンセリング終了後数日は、あなたの心がオープンな状態にあります。

ご自身の心の声に耳を澄ませて、日常生活を送られてみてください。
ふとした時に気付きがありますよ。