【感情ってコントロールできるもの?】

「感情がコントロールできなくて…」

特に怒りや憎しみのような負の感情について、そんなふうに思い悩んだことはありませんか。

私には、自閉のある長男を叩いたり、放り投げたりしていた時期がありました。

これは虐待だ。

そう思って、どうにか止めなくてはと

怒りの感情をコントロールしようとしていました。

けれど、押さえつけようとすればするほど、その反動で吹き出した感情は大きなものになります。

そんな自分を恐ろしく思い、あるとき意を決して心療内科の予約を取りました。

対応してくださった女性の先生は、じっくりと私の話に耳を傾けてくださり

「私もね、そんなことがあったのよ。」

と、ご自分の子育てについてお話くださったのです。

子育てをしていくなかで、怒りや苛立ちはあって当然なんです。

それを「感じてはいけないこと」と自分を責めたり、押さえつけようとしたりすると

かえって追い詰められてしまうこともあると感じています。

イライラしたときには

ちょっと子どもから離れて

「それだけ自分はがんばっているのだ。

イライラして当たり前!」

そんなふうに、まずはあなた自身に「よくやっているね。」って、声をかけてあげましょう。

そして、身近な信頼できる人に、自分のイライラや罪悪感を聴いてもらえると

それだけでも、ずいぶん心が軽くなるものです。

その感情は、悪ではないよ。

どうか自分を責めないでね。