【発達障害なんてないという言葉に対する違和感】

発達障害のひとつである、自閉スペクトラム症。「スペクトラム」というのは、連続帯を意味する言葉です。

ここからが定型発達、ここからが自閉症、というような

右か左か、はっきり分かれているわけではなく

特性には濃淡があるということなのです。

と言うと、

「誰にだって多かれ少なかれ、そういう部分ってあるよね。」

となり、

「だから発達障害なんて障害はないんだ。そんなこと言ったら全員が発達障害だ。」

なんて言う極端な論議を耳にすることがあります。

私はそういう話を聞くにつけ、「随分乱暴なことを言う人がいるなぁ。」と思います。

障害は環境が作る。

その人が生きづらさを感じない環境が整えば、どんな特性を持っていたとしても、それは「障害」ではなくなります。

けれど現に今、感覚の違いや、コミュニケーションスタイルの違いなどから、生きづらさを感じておられる人がいる。

なんらかの支援を必要としている方がおられるのです。

だからこそ、今メディアでも発達障害がクローズアップされているのではないでしょうか。

「発達障害なんかない」

それは当事者が、またはご家族がそれを「障害」と感じずに生きられるような社会を構築した後に論じられるべきもの。

そんな論議よりもまず、ご自分の特性を「障害」と感じるほどにこの社会で生きにくさを抱えておられる方がいるということ、

そういった方がどのような特性をお持ちでどこに困難さを抱えておられるのかということ、

それをみんなで知っていくことが必要なのではないでしょうか。

「障害」をまずはあるものとして社会が認知するところから、始める必要があると私は思っています。